スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Put Your Arm Down


Canon Powershot S3 IS    Jpeg、CS  By ステファン
@街     


D700+パンケーキもかなり気軽な組み合わせだが、
もっとコンパクトでハンドリングの良いカメラが欲しい、、、

Canon Powershot S3 IS は本当に便利で楽しい。
36~432mmという焦点距離に強力無比な手ぶれ補正と、
バリアングル液晶のもたらす自由度は計り知れない。
600万画素という画素数も、必要にして充分である。

弱点は、ISO100でも暗部に盛大に現れるカラーノイズであろうか。

しかし、このカメラ、海外のアニキに娘さんの姿を送るための
動画・静止画記録ツールに使っているので、
趣味で一日中持ち出すわけには行かないのであった、、、^^;

いよいよコンパクトなカメラの導入に動くか!
E-P1が思いのほか高かったので、
現在手に入る機種で。



最近、Art Of Life ではなく 物欲 Of Life になっているな。



スポンサーサイト

PowerShot S3 IS


Canon Powershot S3 IS    Jpeg、CS  By ステファン
@街     ※トリミングでアスペクト比変更

PowerShot S3 IS  

発売:2006年4月
有効画素数 約600万画素
焦点距離(35mmフィルム換算)36㎜-432㎜
F値 F2.7-3.5


なぜか最近D700では撮らされている感が強い。
写真も煮詰まっている。
そこでこのオールド・コンパクトを持ち出してみた。

コンパクトというよりはミニ一眼という感じだが、
D700に比べると非常に小型・軽量だ。

ファインダーはEVFで、液晶はバリアングルで自由度も高い。
意外と良い感じだ。

ここは広大な工場の敷地で、
内部に踏み入ることはできない。

しかし、換算432mmで敷地外からシュートできた。
これは面白い。
しかも強力な手ぶれ補正と、歪みや収差の少ないレンズ性能で、
画質的にはなかなかの仕上がりとなった。

煮詰まり解消のために、
しばらくこれで気楽にリハビリするか、、、






シーヤの部屋 Scenes From A Memory II



Canon Powershot S3 IS     By シーヤ
@ブダペスト


私が始めて手に入れた一眼レフはデジタルだった。
確か2005年11月にコニカ・ミノルタα7デジタルを買ったのだ。
妹の結婚式が理由だった。

程なく趣味としての写真に目覚めたが、2年間は箸にも棒にもかからない写真ばかり量産していた。

しかし、昨年シーヤの写真を観て衝撃を受けた。
そこには、私の写真にはない何かがあった。

シーヤのこの写真を観たとき、
思わず「ブレッソンって知ってる?」とシーヤに聞いたのだった。

もちろんシーヤはブレッソンもキャパも知らなかった。
(私はその2人しか知らなかったが)

一体どうして写真もカメラも全く知らないシーヤがこんな写真を撮れるのか不思議だった。
私もシーヤのような写真を撮ってみたい。
その思いが、当ブログ誕生のきっかけだったのである。

それから約5ヶ月間、、、今もその追求を続けている。

さて、このシリーズ「Scenes From A Memory」では、
シーヤの写真を紹介しながら、写真のことを色々語ってみたいと思う。

シーヤは多忙で新作を撮影できないので、
ほとんどが掲載済写真のモノクロ化になるが、
未掲載の写真もまじえていきたい。



シーヤの部屋 Scenes From A Memory I

 Canon Powershot S3 IS     By シーヤ
@ブダペスト


シーヤは写真については初心者で、カメラの知識はほぼゼロである。
しかし、シーヤがいなければArt Of Life は存在しなかった、、、

この写真は昨年夏、シーヤが家族旅行の際に撮影した一枚。

それまでシーヤは携帯で旅行や日常の写真を撮っていた。
しかしその写真にただならぬものを感じた私は、
家族旅行で東欧へ向かうシーヤに Powershot を委ねたのである。

結果はご覧の通り。
これは初心者の写真とはとても思えないよ(笑
どうもシーヤには先天的に何かが備わっているらしい。

シーヤのこのときの一連の写真から、Art Of Life が生まれ、
そして私ステファンもシーヤの写真から学んで写真が少しはマシになってきた(笑

本来ならシーヤもバシバシ写真を撮るはずだったが、
今年写真が撮れないほど忙しくなるとはシーヤも想定外であった。

そこで、シーヤの以前の作品をモノクロ化してシリーズ化しようと思う。
また、私がシーヤから学んだあれこれも書き記していこうと思う。

シーヤのブダペストのカラー版に興味がある方は、
ネタバレですが下記のリンクから過去の記事をご覧ください。


シーヤの部屋    シーヤの観た東欧 その1

シーヤの部屋    シーヤの観た東欧 その2

シーヤの部屋    シーヤの観た東欧 その3

シーヤの部屋    シーヤの観た東欧 その4

シーヤの部屋    シーヤの観た東欧 その5

シーヤの部屋    シーヤの観た東欧 最終回

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。