FC2ブログ

The White Knight


Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. (換算40mm)
Capture NX2+Nik Color Efex 3.0 Pro Complete     
By ステファン

@大阪 :シーヤ with Pentax K-x


ステファン@会社


23日は一足早くX'masを楽しむため、シーヤと大阪へ。

シーヤには Pentax K-x ホワイトを贈った。

これには伏線があった。

もともと、ポケットに入るカメラでしか撮らない、と宣言していたシーヤ。
それで、D700には目もくれずに古いコンデジを大事に使っていたのであった。
確かにD700は巨大すぎて持ち出すのに覚悟が必要だ。今の私なら分かる。

私がGF-1を手に入れたとき、そのコンパクトさと性能に惚れこみ、
マイクロ・フォーサーズならシーヤもお気に召すのではないかと思った。

そこでひと月ほど前に一緒にカメラ屋へ行った。

そしてその場で目にした K-x ホワイトに、シーヤは一目惚れしたのだ。
シーヤが言うには、K-x のスタイルとカラーにビビビ、と来たらしい。

私としてはシーヤが 一眼 を使ってくれるのならこれに勝る喜びはない。
そういうわけで X'masの機会に贈った次第。

「白い騎士」を手に入れたシーヤの写真がますます楽しみである。
写真の紹介は近日中に、、、




Coldplay


Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. (換算40mm)
Capture NX2+Nik Color Efex 3.0 Pro Complete     
By ステファン

@いなか


ステファン@休憩中


寒くてカメラを持ち出す気になれない今日この頃、、、

iPhoneを買った。

ずっと使っているDocomoと併用である。
Docomoの料金プランをリーズナブルなプランに変更してパケホーダイを解約すると、
iPhoneと併用しても今までより維持費が安く済む。

ソフトバンクの電波も思ったより悪くないし、iPhoneのプランは繋ぎ放題である。
3Gだけでなく、より高速なWi-Fi にも乗り入れできる。


もともと、春からiPod Touchを車載/携帯音楽プレイヤーとして使っていたが、
試しにそのiPod Touchで自宅の無線LANからネットに繋ぐと、これが便利だったのだ。

あまりにも便利で、ネットはPCではなくiPod Touch で繋ぐ機会のほうが多くなったほどだ。

ならば、出先でもネットに繋げて電話もカメラも付いているiPhoneに手を出すのは自然な流れ。
Docomoのiモードの使い勝手は私には拷問のようだったが、iPhoneはストレスフリーだ。


フリック入力とGoogle音声検索で快適なブラウジングを味わうと、
もう二度と通常の携帯でウェブブラウジングする気にならない。

フリック入力は慣れると超高速文字入力が可能である。
さらに、Google音声検索の精度の高さには驚いた。
適当な単語をつぶやくだけで、瞬時に検索結果が表示されるのである。

「エイチアール、エイチエム」とつぶやくだけで、
「HR/HM」(ハードロック、へヴィメタル)の検索結果が表示され、
しかも見たかったページが一番上に来た時は本当に唸った。

もうiPhoneは片時も手離せない。

そのうち、写真もiPhoneで撮るようになるかも、、、^^;




Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. (換算40mm)
Capture NX2+Nik Color Efex 3.0 Pro Complete     
By ステファン

@いなか



やはり自分は音楽だけでなく、写真も好きなようだ。
今は音楽に魂奪われているが、気が向けばこんな写真も撮る。

毎日i-Tunes ストア で楽曲を試聴して、
気になるものはどんどんウィッシュリストに追加して、
その中から厳選して曲やアルバムを購入している。

ダウンロード販売で、聴きたい時に即、手に入るのがありがたい。

CDでは入手困難だったレア音源も、
当たり前のようにラインナップされていたりする。

ウィッシュリストに登録したアルバムはとっくに100枚を超えている。
合計金額も恐ろしい額なので、じっくり厳選せねば、、、



青空


Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. (換算40mm)
Capture NX2+Nik Color Efex 3.0 Pro Complete     
By ステファン

@いなか



運転手さんそのバスに
僕も乗っけてくれないか
行き先ならどこでもいい

「青空」 The Blue Hearts